上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たかが10週程度の連載で、いつまでも
記憶の片隅に残ってる漫画というのがある。

それが岸 大武郎が描いた作品。

これは、自分だけじゃなく同じ世代の方なら
きっと同調してくれる方もいるのでは?

まずは、
面白かったか?といえば、そういうわけもではなく、

読むのを楽しみにしてた。 というわけでもなく。

とりあえず読んでた。。。。そんな感じ。
それなのに、なぜか印象が強い不思議な漫画だ。

はじめて知った、その偉大なる日本人の名。

はじめて知った、反芻(はんすう)という言葉。。。。

南方熊楠伝
てんぎゃん 1 (ジャンプコミックスデラックス)
1990-1991年

言動や性格が奇抜で人並み外れたものであるため
後世に数々の逸話を残す、博物、生物、民俗学者の
若き日の南方熊楠を描いた作品だ。

でもね、連載一回目から、なんとな~く分かっていましたよ。

すぐ終わることも。。。。あっ、あくまで私的ですけど。

しっかし、編集部側も大方、予想はしてたんじゃないかな。
バトルもんが受けまくってるさなか、
このての学習的漫画が、人気を得難いことも。

それでもその中に、あえてこのような異質な漫画を
登場させることも、たまにやらかす当時の素敵なジャンプ。

その心意気を子供ながらに感じて、ちゃんと読んでおりましたよ。

でも、やっぱりの
これから本格的な南方熊楠の活躍がみられるぞ、
という所で予想どおりの連載終了。

まぁ、そりゃそうだろな。と思ってたところ、
巻末の作者コメント欄にて

第二部ロンドン編を構想企画中。

「うそっ、これまだやるの?人気ないだろ」

これ、その時の感想。

で、この予想だにしなかった、
まさかの第二部構想発言により、

そして伝説へ。。。

この作品が、多くの読者の記憶に残る一つの要因
になったんじゃないかと。

そして、もう一つ。

中世代の恐竜たちを擬人化し、各話ごとに
異なる恐竜が主軸となる1話完結のストーリー。

【恐竜大紀行】1988-1989年

恐竜大紀行 完全版恐竜大紀行 完全版
(2005/07)
岸 大武郎

商品詳細を見る


弱肉強食の世界で、生き延びることの難しさ。
そして、生命の美しさも描かれていたすばらしい漫画でした。

只、恐竜の絶滅論など、当時の有力説を元に描かれており、
現在の説とは異なる部分は当然あり。

この恐竜大紀行に関しては、連載が続くことを願ったりしてましたが
残念ながら、こちらも11週で連載終了。

感動させられる、いい話目白押しで、毎週楽しみに読んでたのによっ。


結局、岸大武郎が、週間少年ジャンプで連載した漫画は、
この2作品のみ。その、いずれも短期終了となったわけです。

それでも尚、2つ共に記憶にのこってるのは、
バトル全盛期のジャンプの中で、ひときわ異彩を放ち
ちょっと年齢層が高い世代でも受け入れられる
上質な物語を描いてくれたからでしょう。

命ある限り食え!

これまた、すごいフレーズだったな。。。


漫画ブログ 名作・なつかし漫画



南葛VS東邦の世紀の決勝戦。タイガーショットで前半、早くも
ハットトリックを達成し、高々と右腕を掲げる、猛虎・日向小次郎。

日向小次郎
 猛虎・帰還
 
 自らの意思で勝手にチーム
 を離れ、一人沖縄へ渡った
 日向。その責任をとらされ、
 決勝まで出場停止状態。

 そんな彼の力が、決勝戦で
 ようやく解き放たれる。

 東邦強し。
 そんな象徴的、名場面。


これは3対1と、東邦が2点リードした時の日向の姿。
この後、彼の指は2本立てられる。いっけん、Vサインと思いきや、
指は3、4、5本と増加。これはすなわち、点差を示唆するものだったのだ。

怪我を負った翼に出来るだけ大差で勝ち、ベストの状態なら勝てなかったと
まわりの人間に言わせないため、自ら決した決意のあらわれである。

誰もが、奇跡でも起きないかぎり南葛は勝てないだろうと。。。
しかしこの後、センターサークル付近から3点差をねらう
日向のタイガーショットをドライブシュートで打ち返すという、
キャプテン翼の作品史上、屈指の名場面が生まれることになる。


漫画ブログ 名作・なつかし漫画
―――――――――――――――――――――――――――――
【PR】全巻セット在庫数日本一!アーカムブックス
このジャンルを描かせたら、この人というように、
どんなジャンルでも、それに長けてる漫画家という方がおられるでしょう。

で、

間違いなく、犬漫画を描かせたら最強、高橋よしひろ

以前より月間少年ジャンプの白い戦士ヤマトの愛読者でしたから、
高橋よしひろの漫画が週刊でも読めるということで、当時
連載前から期待せずにはいられませんでした。

銀牙―流れ星銀 (8) 銀牙―流れ星銀 (8)
(1994/04)
高橋 よしひろ

商品詳細を見る


当初こそ、マタギの世界が描かれた漫画でしたが、
途中から路線変更。犬同士、言葉のやり取りが行われ始め、
物語が、いつのまにやら犬視点。まぁ、人気が振るわなかったので
編集側のテコ入れが働いたと予測してますが、これにより、
より少年誌向けになり、人気を獲得。1986年4月からは
アニメ化にまでなりました。


人間ですら歯が立たない凶暴な人食い熊・赤カブト。
奥羽の総大将リキは、打倒赤かぶとを果たす仲間を集める為、
ベン以下、部下を日本全国に向けて放つ。
銀もまた、その「男」を探す旅をともにするのでした。

そして試練を乗り越えつつ、旅路で次々と仲間達を増やしていくわけです。
その出会う仲間というのが、個性的で犬のくせに実にカッケーやつら。

まずは山梨・甲府の魔犬・甲斐三兄弟(甲斐犬)。
それと敵対する霞岳の閻魔大王モス(マスチフ)

三重の伊賀忍犬軍団総帥、赤目(紀州犬)

四国に渡ってからは、土佐闘犬横綱の武蔵、ドーベルマンの山賊ビル、
そして、後に壮絶な死に様をみせる伝説の闘犬王、海坊主こと紅桜。

九州では、薩摩の大将ベム(ボクサー)。400頭近い軍団を築き、
陸奥に一大勢力を誇った四天王(シベリアン・ハスキー)。

そして、奥羽軍の噂を聞きつけ北海道から大軍を引き連れ
はるばる津軽海峡を渡ってきた「ヒグマ殺し」の白狼(シベリアン・ハスキー)。

そんな男たちが、リキの元に集結!打倒赤カブトの名の下に。

どうですか、これ。熱い、熱過ぎる!

そして、この集まった男たちの前に姿を現すリキの場面。
ベムを仲間に引き入れるときグレートが流す”血の涙”の場面と同様、
記憶に残る、まさに名場面でした。

和、洋犬が何百頭と集まっている中、登場する秋田犬リキ。

銀牙リキ

その堂々とした実に凛々しい姿。
自然と涙が流れてしまう程の、その圧倒的なカリスマ。

子供心に不思議と日本人として誇りに思えたりして。。。

他にも、人それぞれ記憶に残っている名場面というのはあるでしょう。
それぐらい、熱い漫画でした。犬のくせに。

この赤カブト編後、話は八犬士編へ移り、
最後は、納得の感動の大団円を迎えます。
ほんと少年誌にふさわしい冒険熱血青春マンガでした。

ちなみに、この後の高橋よしひろジャンプ連載マンガは

『甲冑の戦士雅武』

簡単にいうと、戦国時代の忍犬的な話で、今度は完全に
犬と人間が会話し、完全に意思疎通できる設定。

自分は好きだったんですがね。どうも、赤目人気に
あやかって始まった臭を読者たちにさとられたっぽく短期終了。

当時のジャンプは、このての2匹目のどじょう狙い的作品も
よくあったんですよね。サイレントナイト翔とか。。。


銀牙―流れ星銀 (1) (集英社文庫―コミック版)





漫画ブログ 名作・なつかし漫画




最新の記事
ランキング参加中

にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ 人気BLOGRANK
ブログランキング ドット ネット

相互リンク
今月の記事ランキング
勝手にお勧めリンク

思い出の週刊少年ジャンプ
このサイトを観覧したら自然と胸に熱いものが込み上げてきました。ジャンプ世代必見!

s-manga.net-
ジョジョの奇妙な冒険

1~6部の戦闘の系譜が動画で紹介されてます。世界感を見事に表現

キン肉マンOfiicial Site
最新刊の立ち読み、全巻リスト、Flashアニメ、クイズ、アニメ情報等。先代キン肉マンのスペシャルムービーは見ておきましょう

最近のコメント

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。