Category : いとしの短期終了作品群
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊少年ジャンプの特徴は新人漫画家の積極的な起用と
他雑誌とは比べものにならないほどの
アンケート至上主義だと思っております。

この方針は、現在も続いているようですが・・

このアンケート至上主義。
はやい話が、読者アンケートの結果、面白くない漫画に選ばれたものなら
容赦なく10週程度で打ち切りとなるということです。

ケツから3本、連載打ち切り。
どんなに実績がある漫画家の方や、大御所漫画家でも


問答無用!でした。(°°;)。。うろうろ。。"((;°°)


連載開始は巻頭カラー、もしくはパートカラー。
2週目は中盤。3週目は巻末に掲載となれば、ほぼ打ち切り決定!

これが、あの脅威の発行部数になると同時に衰退していった
原因とも言われてます。それだけでは、ないでしょうが・・
(このやり方に頭にきた人気漫画家の週刊少年ジャンプ離れ)

こうして短期連載で終了していった漫画は数知れず。

そんな中、印象深く記憶に残っている作品もあるわけです。
前置きが長くなりましたが今回は

魔少年ビーティー
覚えている人、いるかな?
だんだんマニアックな世界へいってるような・・・


1983年に連載が開始され、10週程度で終了となりました。

しかし、印象深いのです。いままで見たこともない独特の絵が、
ここまで印象深く記憶に残ることになったのでしょう。
内容は少年ビーティーが魔術を使い、周辺人物を驚かすといったとこで、
たしか紙面でそのトリックの説明もありました。

脈の止め方、学びました!って威張っていうことかよ・・・・

この漫画家、次の連載「バオー来訪者」で読者に認知され、

「ジョジョの奇妙な冒険」で一躍大ヒットを飛ばすことになります。







そう、ご存知、荒木飛呂彦


当時、第20回手塚賞で準入選を果たした後、
誌上連載デビューを飾った作品です。
若かりし頃の荒木飛呂彦を感じられる思い出深い漫画の一つです。

次はジョジョで、という方みえましたらお願いします。
ブログランキング


4088510186魔少年ビーティー
荒木 飛呂彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【こちら復刻版】
4086174855魔少年ビーティー
荒木 飛呂彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools









最新の記事
ランキング参加中

にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ 人気BLOGRANK
ブログランキング ドット ネット

相互リンク
今月の記事ランキング
勝手にお勧めリンク

思い出の週刊少年ジャンプ
このサイトを観覧したら自然と胸に熱いものが込み上げてきました。ジャンプ世代必見!

s-manga.net-
ジョジョの奇妙な冒険

1~6部の戦闘の系譜が動画で紹介されてます。世界感を見事に表現

キン肉マンOfiicial Site
最新刊の立ち読み、全巻リスト、Flashアニメ、クイズ、アニメ情報等。先代キン肉マンのスペシャルムービーは見ておきましょう

最近のコメント

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。