アホダマ~!!

と怒声が懐かしい『アカテン教師梨元小鉄』。
え~と、、、、当時の世代、限定漫画になってしまいますが。。。

アカテン教師梨元小鉄
 アカテン教師梨元小鉄 

 春日井恵一

 1986~1987年
 

破天荒な教師ってよく、漫画やドラマで見受けられますよね。
元・暴走族とか。で、これも、そのたぐい。
ですが、他とはちょっと違うんですよ、これ。

なんたって、

飲む・打つ ・買う の常勝無敗の賭博師

そんな彼が、代用教員として小春日和中学校にやってきた!

就任初日の最初の授業。いきなり、数学の確率の問題ということで、
松竹梅の3つの問題を用意し、生徒にお金を掛けさせる。
当然、問題ごとに倍率が違うわけです。
松と竹は解けるはずもないイカサマ問題。
『麻雀で上がる確率』や『競馬で勝つ確率』なんて分かるわけない。

で、残った、一番簡単だと思われる梅の問題は、
『丁半博打の丁と半のでる確率』。

えっ、これって簡単じゃん

当然、生徒の一人も声をあらげます。

「半も丁も1/2!でなきゃぁ、張り子は片方にしか張らねえよ!!」

しか~し、ここで小鉄が博打の「九半十二丁」について語りだす。
ピンゾロの話とかなんかしだして、結局、お金を巻き上げる。

当時、小学生だったハルは、

へ~何だか、よーわからんけど

丁と半のでる確率って違うんだ。

とホントに思ってしまった。
それが誤りだと気つくのに数年、要することになる。。。哀れ

※九半十二丁は出目の組み合わせ。半丁の確率は1/2

しかし、彼の行いはこんなもんじゃないわけです。
実力考査で、受け持つクラスの平均点をあげる為、よくドラマでは、
出来の悪い生徒にマンツーマンで教えたりするんでしょうが、
この漫画。そんなことは致しません。。。

まずは、小鉄が出題者の性格から、テスト問題を予想し、
さらに、選択問題に的を絞り、クラス一丸で通しをさせる。

イカサマ

成績のよい生徒を、それぞれ教科別に発信源とし、
生理現象で、答えをクラス中に教えるという手法。
【くしゃみしたらAだとか】


(^_^; アハハ・・・・・


こんなもの少年誌で、

連載してよかったんでしょうか?

しかし、面白かったのは事実。
毎週、楽しみに読んでました。

最後のほうは、人情や根性論、そしてジャンプ恒例の大会、
『全日本教員選手権』へと、すこし方向がずれていった気がしますが、
それでも当時、ジャンプを読んでいた人には、
間違いなく思い出に残る漫画ではないでしょうか。


青年よ天に向かって唾を吐け!!

漫画ブログ 名作・なつかし漫画
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック


最新の記事
ランキング参加中

にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ 人気BLOGRANK
ブログランキング ドット ネット

相互リンク
今月の記事ランキング
勝手にお勧めリンク

思い出の週刊少年ジャンプ
このサイトを観覧したら自然と胸に熱いものが込み上げてきました。ジャンプ世代必見!

s-manga.net-
ジョジョの奇妙な冒険

1~6部の戦闘の系譜が動画で紹介されてます。世界感を見事に表現

キン肉マンOfiicial Site
最新刊の立ち読み、全巻リスト、Flashアニメ、クイズ、アニメ情報等。先代キン肉マンのスペシャルムービーは見ておきましょう

最近のコメント

無料カウンター