上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近、朝晩だいぶ涼しくなってきました。
って、そりゃ、もう9月ですからね。

2008・夏も、すでに思い出に。。。。

いや~、今年の夏は、あつかった。
真夏日となった日も多く、気温的にもそうでしたし、
北京オリンピックの連日の熱戦もそうでした。
(やはり日暮は登場したんでしょうか)

で、そんなオリンピックの種目、男子体操を観ていて
ふと思い出す、一つの漫画。

空のキャンバス画像

  空のキャンバス 

  1986年~1987年

  今泉伸二


漫画では、あまり見かけない体操競技を題材にした漫画で、
今泉伸二のジャンプ連載デビュー作品。
スポーツ物を取り扱うものって、○○大会優勝とかが目標なんですが、
この漫画はちょっと違うところが、受けたんでしょうね。

主人公、北野太一が幼少期に出会った、ひとりの少年。
その少年が、公園で見せた月面宙返り。
負けじとコブだらけになりながら練習するも、すぐに出来るはずもなく。
そうこうするうち、彼は突然いなくなってしまうわけです。
太一に手作りマントのプレゼントを手渡して。。。

その後、太一は彼を追い続け、体操競技を学ぶわけですよ。
再び再会し、彼に勝負を挑むために。

で、話の骨格は、太一が少年と思っていたのが実は、女の子。
中学生になった太一が所属する体操クラブの赤城コーチの娘だった、
ということ。そして、幼少期に彼女をかばうために背負った背中の傷。
ジャンプ漫画にめずらしく、常に”死”を意識して物語が進んでいくあたり、
感動の青春物語として、今でも記憶に残る漫画の一つなんですが、

ただ、

この後の今泉伸二作品は、あまり好きでは、なかったんですね。
本人の意向か編集者の意向か、知りませんが、
この作品が受けたのをよいことに、
同じ様な感動路線の漫画を続けるわけです。

神様はサウスポー』等。。。

子供ながら、大人の”あざとさ”が感じられたんでしょうね。
ありありの感動させてやろう感とか。それが、いやでいやで。
空のキャンバスでは、自然に感動できたのに。。。。


一年以上も連載が続くことになったこの作品。
最後も見事に、感動のフィナーレで完結してくれました。

最終話の最終コマ。
空というキャンバスに、月面宙返りを描く太一の姿を
思い浮かべる榛名の顔が印象に残ってます。(T_T)

空のキャンバス (1) (集英社文庫―コミック版) by amazon



漫画ブログ 名作・なつかし漫画
関連記事
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック


最新の記事
ランキング参加中

にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ 人気BLOGRANK
ブログランキング ドット ネット

相互リンク
今月の記事ランキング
勝手にお勧めリンク

思い出の週刊少年ジャンプ
このサイトを観覧したら自然と胸に熱いものが込み上げてきました。ジャンプ世代必見!

s-manga.net-
ジョジョの奇妙な冒険

1~6部の戦闘の系譜が動画で紹介されてます。世界感を見事に表現

キン肉マンOfiicial Site
最新刊の立ち読み、全巻リスト、Flashアニメ、クイズ、アニメ情報等。先代キン肉マンのスペシャルムービーは見ておきましょう

最近のコメント

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。