Archive
今クールのドラマで、とりあえず、
『銭ゲバ』、『トライアングル』は観てたんですがね。
先週、見逃がしてしまいまいた、銭ゲバを。

まぁ、いいや。
残念ながら、これにて脱落。

なんでしょうね、ドラマって。一話見逃しただけで、
それ以後、見なくなってしまうんですよね。
機会があったら、漫画のほうを読んでみよ。

この銭ゲバ。原作は、1970年に『週刊少年サンデー』に連載された、
ジョージ秋山による漫画なのは、ご存知のとおり。
金銭と名誉を掴む為、殺人を繰り返す1人の青年・蒲郡風太郎の
波瀾万丈ストーリーということで、表現問題から一部の都道府県では
有害図書扱いされたとか。

ジョージ秋山といえば、『浮浪雲』などの人気漫画や、
この『銭ゲバ』、『アシュラ』のような話題作で有名ですが、

なんといっても、世代的に忘れられない、ひとつの漫画。

それが、

海人ゴンズイ

海人ゴンズイ画像
  海人ゴンズイ 

  ジョージ秋山

  1984年
 


1984年、この時、発行部数をぐんぐん伸ばし、
まさに飛ぶ鳥落とす勢いのジャンプに、巨匠降臨
ということで連載がスタートされたわけです。

その巻頭カラーの初回が掲載されると。。。
マグニチュード8の大衝撃!世のガキンチョたちを震撼させた。


時は1854年、太平洋でアフリカの奴隷船が沈没。
それに乗っていた黒人奴隷の子供ゴンズイが奇跡的に
日本の離島に漂着した。しかし、その島というのは実は、
江戸時代の罪人達が島流しにされる流人の島だったのだ。

島には凶悪な番人がおり、その島を取り囲む海には
人喰いザメや殺人ウツボ。そんな危険なこの島で
ゴンズイの運命は? っという感じだったのですが。。。

どうですか、この舞台設定

さらに、このゴンズイの容姿ときたら
金髪に黒色の肌。目は、つり上がった白めと不気味さ満点。
話せる言葉は、「アチョプ」、「マウマウ」だけ。

そして、ジョージ秋山といえば、エログロ描写。
このゴンズイも、少年誌連載だからって、容赦なし。

赤ん坊を死なせてしまった母親が登場するのですが、
精神に異常をきたしておりまして。。。
すでに白骨化した我が子を背負ったり、あやしたりと。
その表情も、目が完全にイっちゃってて、かなりヤバかった。

しかも、この母親が食料のないゴンズイに母乳を飲ませる
描写があったりと、なにかと衝撃的。

こんなもの、小学生にとって、トラウマになりえるほどに

強・烈

初回をみて、それ以後、読むことはありませんでした。
今思えば、きちんと読んでおけばよかったなと後悔してるのですが、
途中で、編集部の意向なのか、方向性が変化。
あたり障りのない内容になったようですね。

まぁ、少年誌でこの内容じゃ~、やっぱりね。っという感じで、
結局、人気が出ず、10週程度で打ち切り終了となったのでした。


で、このゴンズイ、短期終了ということで、発刊部数が少なく、
ゴンズイ自身の容姿の諸事情により、復刊もない為、
現在、古本でかなり高価となってるようです。

登場した多くの回は、新装版では削除されている、
『シェイプアップ乱』の「走るためだけに生まれてきた女」

華歩ルイ子と並んで、

まさしく、本当の意味での週刊少年ジャンプ、

”伝説的キャラ”

と言えるのではないかと。

華歩ルイ子画像
【走る伝説 華歩ルイ子】

漫画ブログ 名作・なつかし漫画



『伝説のゴンズイ、まさかの復刊!』
2009年5月、「ジョージ秋山捨てがたき選集 第 1巻」 として
このゴンズイ、【AA】版として復刊された模様です。ヽ(´∇`)ノ






最新の記事
ランキング参加中

にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ 人気BLOGRANK
ブログランキング ドット ネット

相互リンク
今月の記事ランキング
勝手にお勧めリンク

思い出の週刊少年ジャンプ
このサイトを観覧したら自然と胸に熱いものが込み上げてきました。ジャンプ世代必見!

s-manga.net-
ジョジョの奇妙な冒険

1~6部の戦闘の系譜が動画で紹介されてます。世界感を見事に表現

キン肉マンOfiicial Site
最新刊の立ち読み、全巻リスト、Flashアニメ、クイズ、アニメ情報等。先代キン肉マンのスペシャルムービーは見ておきましょう

最近のコメント

無料カウンター