Archive
1980年後半といえば、少年ジャンプの黄金時代であり、
ファミコンの全盛期でもありました。
で、ジャンプ誌上でもファミコン関連のコーナーが登場。

ファミコン神拳画像  ファミコン神拳

  ゆう帝、みや王、キム皇が、 
  新作ゲームの紹介や批評を
  行なっていました。
  ゆう帝とは堀井雄二。
  ドラゴンクエストの情報が他誌より
  早かったのは、その為だったんだと。
  まぁ、キャラクターデザインが
  ジャンプの専属作家、
  鳥山明ってのが大きかったでしょうが。


ユーザー側の視点で採点するような感じで、
おもしろくないゲームには、遠慮なしの厳しい意見。
カセットの購入の際に結構、参考にしてましたね。 

カセット。。。懐かしい響き

このファミコン神拳というタイトルは、
当然、ジャンプで連載されてた「北斗の拳」から。
採点も、『あた』『あたた』などで表現です。

 ファミコン神拳 採点表

『あ』は1点。『っ』は0.5点という感じ。

そんなファミコン神拳で、有名な出来事といえば
ファイナルファンタジーII、酷評事件。

新作レビューで、ファイナルファンタジーⅡを
ストーリーが一本調で単調とか、
結構、低い採点だったと思います。
後日、読者から「面白いのに何故?」
みたいな投稿が寄せられ、キム皇がファミコン神拳110番で、
弁明してたような。。。たしか、

プレーヤーの自由度が少ないとか、なんとか。

実際、やってみると、あ~、こういことね。と、
たしかに思い当たる箇所はありましたが、
よく出来たRPGで面白かったですね。

その後、このファイナルファンタジーは、ご存知のとおり、
大ヒットシリーズとなっていったわけで。。。

今、思えば、堀井雄二のドラゴンクエストが
プレーヤーの自由度を尊重し、かなり、それに気を配って
作られたものでした。ファイナルファンタジーⅡには、
そのような配慮が感じられなかったのでしょう、
結果、このような批判につながったんじゃないかと。
出来がいいだけに。

まぁ、そんなことがあったのも今は昔。

現在では、ドラクエの発売元のエニックスと
ファイナルファンタジーのスクウェアが合併し、
スクウェア・エニックスとなっているんですからね。

漫画ブログ 名作・なつかし漫画
今でこそ、人気マンガとして有名な「ジョジョの奇妙な冒険」。
ジャンプの誌上に現れたのは1987年のことでした。

前作、「魔少年ビーティー」 、「バオー来訪者」、
いずれも好きなマンガでしたが、残念ながら短期終了。。。
そんな荒木飛呂彦が再び、新連載開始!
ということで当時、かなり期待してたな~。

その連載一回目は当然の巻頭カラー。
太陽の民アステカの不気味な儀式と石仮面の描写。

で、そのあと大体的に

第一部
ジョナサン・ジョースター
 
 -その青春-

期待感、煽られまくりの導入部でした。
そして、悪童ディオと、
こちらが恥ずかしくなるようなセリフを平然と口にするジョナサンの登場。
対照的な二人の少年の出会いから物語が始まっていくわけです。が、

この時、誰が予想したでしょうか、
まさか第七部まで続く、これだけの長編になろうとは。

この時、誰が予想できたでしょうか、

荒木飛呂彦の名の巨大化を。


いや~、いまでは、すごい漫画家になられましたね。


で、肝心なストーリー。
【英国貴族ジョースター家の跡継ぎ、ジョナサン(ジョジョ)。
その財産を乗っ取るためにやってきたディオ。
目的を達しようと、いろいろ巧妙な策を要するディオですが
そうこうするうちに7年の月日が経過する。
すっかり二人は立派な青年に成長するのですが、
ディオの計画は、着実に進行していた。
その企みに気付いたジョジョは、その証拠をつかみ
警察とともにディオを追い詰めることに。

しかし、そんな状況の中、
石仮面の秘密を知るディオがとった、その恐るべき行動とは】


その後もディオとジョジョのバトルは続いていくわけで、
毎週、楽しみに読んでたんですよ。
ただ、その戦いが終焉に向かっていくとですね、心配事が一つ。

なんか、


連載、終わりそう (・・,) グスン


だって毎週、巻末あたりの掲載で、前2作が短命の荒木飛呂彦でしたから。
多分、一般受けがよくなかったのか、当時は、それほど人気作品とは
いえなかったと思います。。。面白いのに。
まして、大体的に部構成を掲げて始まった漫画って、
一部で終わる印象が強かったですから。ジャンプって。

なんとか続いて欲しいと願っておりました。

ディオとの壮絶な戦いに決着がついた第一部、最終話。
欄外に『次週、第二部スタート』の文字を見て (^。^;) フウ
そんな記憶が残っております。

ただ、この時、第二部が一体どいうものになるのか見当不可能。
作者は当初から構想してたらしいですが、
そんなこと、読者は知ったことじゃないですからね。

この続きの話になるのかな?ぐらいしか。

いったい、どんな内容になるのか、
次週を楽しみにして、待つことになったのでした。

ジョジョの奇妙な冒険 第二部へ
ジョジョの奇妙な冒険 第三部へ



漫画ブログ 名作・なつかし漫画
週間少年ジャンプを初めて買ったのは確か、小学3年の頃。
それから実に、大学生になるまでの約10年間、
毎週のように買い続けていたわけです。

それだけの長い期間にもかかわらず、
わずか10週ほどで打ち切られた作品が、幾つも記憶に残っております。
その中の一つが今回のメタルK

1986年に連載された巻来功士によるエログロ?漫画。
他の漫画同様、巻頭カラーで連載開始。

翌週。。。。

いきなり 巻末掲載 となった、ある意味伝説の漫画です。

この漫画、簡単にいえば、
溶ける皮膚をまとったサイボーグ少女”K”の復讐劇なんですが、
面白いのが、その敵の倒し方。

自身の溶ける皮膚【硫酸鞭】(りゅうさんべん)を使用。
敵と戦うと、必然と衣服がなくなるわけですよ。

ですから、話の最終コマは決まって裸となってるのがお約束。

メタルK画像  


  「どお わたしの
  肋骨の味は・・・?」



ただ、頑張りすぎると、残念ながら金属の骨格状態まで、いってしまいます。
その姿は、まるでターミネーター。【・・;】

そんな巻来功士、特有のグロテスクな描写が満載でした。

残念ながら人気がでなかったのでしょう、前作「機械戦士ギルファー」同様、
10週で打ち切りとなってしまうのでした。

結構、すきだったんですがね。。。
巻来功士が描くグロテスクと、ちょっとHな描写。
エログロというんでしょうか。

しかし、巻来功士氏、次の作品でやってくれました!

得意のエログロ、そして少年誌での受けがよい、
『複数の仲間と共に敵と戦う』という要素を加え、
さらに、神、悪魔という対立構造をとりいれた、
長期連載となる人気作品、

ゴッドサイダー」が、

ジャンプで連載が開始されるのは、この翌年となります。

【PR】 メタルK by Amazon.co.jp


漫画ブログ 名作・なつかし漫画



最新の記事
ランキング参加中

にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ 人気BLOGRANK
ブログランキング ドット ネット

相互リンク
今月の記事ランキング
勝手にお勧めリンク

思い出の週刊少年ジャンプ
このサイトを観覧したら自然と胸に熱いものが込み上げてきました。ジャンプ世代必見!

s-manga.net-
ジョジョの奇妙な冒険

1~6部の戦闘の系譜が動画で紹介されてます。世界感を見事に表現

キン肉マンOfiicial Site
最新刊の立ち読み、全巻リスト、Flashアニメ、クイズ、アニメ情報等。先代キン肉マンのスペシャルムービーは見ておきましょう

最近のコメント

無料カウンター