Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊少年ジャンプの特徴は新人漫画家の積極的な起用と
他雑誌とは比べものにならないほどの
アンケート至上主義だと思っております。

この方針は、現在も続いているようですが・・

このアンケート至上主義。
はやい話が、読者アンケートの結果、面白くない漫画に選ばれたものなら
容赦なく10週程度で打ち切りとなるということです。

ケツから3本、連載打ち切り。
どんなに実績がある漫画家の方や、大御所漫画家でも


問答無用!でした。(°°;)。。うろうろ。。"((;°°)


連載開始は巻頭カラー、もしくはパートカラー。
2週目は中盤。3週目は巻末に掲載となれば、ほぼ打ち切り決定!

これが、あの脅威の発行部数になると同時に衰退していった
原因とも言われてます。それだけでは、ないでしょうが・・
(このやり方に頭にきた人気漫画家の週刊少年ジャンプ離れ)

こうして短期連載で終了していった漫画は数知れず。

そんな中、印象深く記憶に残っている作品もあるわけです。
前置きが長くなりましたが今回は

魔少年ビーティー
覚えている人、いるかな?
だんだんマニアックな世界へいってるような・・・


1983年に連載が開始され、10週程度で終了となりました。

しかし、印象深いのです。いままで見たこともない独特の絵が、
ここまで印象深く記憶に残ることになったのでしょう。
内容は少年ビーティーが魔術を使い、周辺人物を驚かすといったとこで、
たしか紙面でそのトリックの説明もありました。

脈の止め方、学びました!って威張っていうことかよ・・・・

この漫画家、次の連載「バオー来訪者」で読者に認知され、

「ジョジョの奇妙な冒険」で一躍大ヒットを飛ばすことになります。







そう、ご存知、荒木飛呂彦


当時、第20回手塚賞で準入選を果たした後、
誌上連載デビューを飾った作品です。
若かりし頃の荒木飛呂彦を感じられる思い出深い漫画の一つです。

次はジョジョで、という方みえましたらお願いします。
ブログランキング


4088510186魔少年ビーティー
荒木 飛呂彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【こちら復刻版】
4086174855魔少年ビーティー
荒木 飛呂彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







スポンサーサイト
今回は1983年から連載されたお色気、お下劣正当?ギャグ漫画。

徳弘正也のシェイプアップ乱

世に「もっこり」という言葉を知らしめたジャンプの名作。
のちに、この「もっこり」、
【シティーハンター】の冴羽遼により世間に広められますが元祖はこちら!

当時、ギャグ以上にHな漫画としてハルの周辺では認知されてました。
しかし、ストーリーの流れ、テンポ、オチへの伏線の張り方は見事で、
ギャグ漫画として相当なものだと思います。

特徴として、下ネタ、時事ネタが多く、連載してた時代を知っている人なら
今でも笑わしてもらえます。たまに涙も・・・

印象深いのは主人公、乱ちゃんの見事なプロポーション(*´▽`*)
同居人、宗一郎のエロ大王ぶり
左京の笑える程、悲惨な貧乏ギャグ。

走るためだけに生まれてきた女、華歩ルイ子

まぁ、出てくる下ネタといっても、少年漫画での連載ですので知れてますが・・・

ただ、小学生では理解できないネタも多かったのも事実。
その代表例が女性の局部をイラスト化した、あのマーク。
ハルは、現に上級生に
「この絵って、何のマーク?」
って聞いたことありました。(^~^;)ゞ

また、教室の黒板に、みんなで落書きしてた時。
意味もわからず、このマークを大きく描いてたら、
後ろから担任におもいっきり、o(・_・)○☆ 

頭をド突かれました思い出が・・・

次は「ターちゃん」でという方が見えましたらお願いします
ブログランキング


4086177625シェイプアップ乱 (1)
徳弘 正也

集英社 2001-10
売り上げランキング : 103,305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



三国志演技を題材にした漫画は多々あり、
いろいろな少年、青年誌で連載されてきました。
まぁ、それでけ三国志が人気があるということなんでしょうが・・・
代表的なもので横山光輝 【三国志】、
現在では【創天航路】といったところでしょうか。

ジャンプにおいても、史実、歴史を題材にした漫画は数々ありますが、
その中でも思い出深い作品もあるわけで。

1980年代初期に連載が開始された、本宮ひろしの

天地を喰らう

残念ながら少年誌では人気がでず、たしか1年ほどで打ち切り終了。
あの頃の少年誌ではちょっと無理な題材っだったか・・・

ストーリーは、三国志演技にかなりの着色がされていましたが、
それはそれでおもしろかったです。
連載初期は、かなりブッ飛んだ内容なんですが。

しかし、その後、この『天地を喰らう』が、
数々のゲーム機種で発売されていくことになります。

これは、ひとえに本宮ひろしの画風が実に三国志の世界と
あっていたかという事だと思います。
三国志を題材にした漫画でこれほど、読者の理想と想像にあう英傑を
描いた漫画はないのではないでしょうか。

馬2頭にまたがる関羽、片目の帳飛。

残虐、 董卓にオットとこ前の張雲。

金髪、呂布・・・・

化け物的容姿で描かれることの多い呂布を実にカッコ良く描いてます。
この「天地を喰らう」、せめて赤壁の戦いまで続いてほしかった。

ちと、それは無理か。
クラスで読んでたのオレだけだったから。
機械戦士ギルファー(誰も知らん!)の次に読まれんかった・・・・・
三国志ファンの方にぜひ読んで頂きたい過去の良作です。

ブログランキング

4086170264天地を喰らう―本宮ひろ志傑作選 (1)
本宮 ひろ志

集英社 1996-07
売り上げランキング : 184,941

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





最近、犯罪の低年齢層化が謳われ、連続する凶悪犯罪に
私たち庶民の感覚もまた次第にマヒしていってるのではないでしょうか?
暴力描写が行き過ぎている漫画やゲームが、格好の的の餌食に。。。
しかし、それだけが原因ではないことは明白です。

黄金期3大メジャー漫画について勝手に語らせて頂いたので義務感達成!
ということで、次は脇を固めた好きだった連載陣の中から・・・

平松伸二のブラックエンジェルズ

1981年から週刊少年ジャンプに掲載されたアクション漫画。
現代にはこびる悪党どもをブラックエンジェルズと名乗る集団が
抹殺していく勧善懲悪物。
しっかし、出てくる悪者、ほんとにエゲつないほど【悪】だったです。

この外道どもをブラックエンジェルズのメンバーたちが
それぞれの武器や技で殺していくわけです。

「地獄へ落ちろ~~~っ!」
「怨みはらします。」
「汝に神の裁きを」

自転車のスポークやピアノ線(雪藤)。
空手(松田、牙)にナイフ(麗羅)。
機関銃や催眠術。
トランプや水を自由自在に操る者まで、実に多彩な武器や殺し方です。

暴力描写・・・・・凄いです。(~ ~;)

もっともこの漫画、それだけではありません。
先ほど述べたように登場する悪。ほんとにド外道ですので
目を背けたくなるような場面も多々あります。

強姦や覚醒剤は当たり前。老女を数人の若者がいたぶるシーンとか。
まぁ、ド外道な程、抹殺したときの爽快感があるということなんでしょうが・・・

まぎれもなく 少年誌 での連載でした。
有害図書規制が厳しい現在では考えられない少年誌での連載でしたね。

はじめの頃は、法で裁けぬ悪を葬るという、
まさに「現代の仕置人」でしたが、
闇の巨大組織「竜牙会」のM計画阻止。(切人の正体に驚愕!)
ホワイトエンジェルズとの超能力合戦と敵が強力になっていくにつれ、
黒い天使達もパワーアップ!
最後は、宙に浮き音速を超える速さで移動しちゃいます。

バズーカーの玉、素手で受け止めた松田にはしびれた~。(*´ー`)

本気で胸に十字の傷、付けようとしたのはハルだけではないハズだっ!
って俺だけかな・・・・

現在でも会社の上司の説教には
「我が心既に空なり。空なるがゆえに無」
の心境でくぐり抜け、
去り際には羽死夢となり

「聞け~!地獄の響きを。」

と実行してます。

頭の中で。


ブログランキング
4086176211ブラック・エンジェルズ (1)
平松 伸二

集英社 2000-07
売り上げランキング : 201,237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





キャプテン翼、キン肉マンときたら、次は想像通り
北斗の拳

1980年代前半に週間少年ジャンプで連載スタートし、
爆発的人気となりました。武論尊・原 哲夫のコンビ最高傑作といっていいこの作品。
物語に設定された仮想的時代背景。それに合った劇画的な画風。
そこに登場する数々の漢(おとこ)達。
実に魅力的に描かれてました。

男なら北斗神拳 長兄ラオウ、五車星、雲のジュウザを好み、
女子なら南斗水鳥拳レイといったところでしょうか。

また、登場する強敵(とも)に名言も多く、今なお記憶に残ってます。

サミーより2003年に発表され、
なお現在もホールの大部分を占めるスロット北斗の拳。
この現象は今までのスロット業界の常識を覆すほどの物といえ、
過去にない驚異的な販売、設置台数となりました。

その要因は斬新なゲーム性もさることながら、漫画の世界感が
実に忠実に再現されているのも大きな要因でしょう。

俺の名前をいってみろ~

引かぬ、媚びぬ、省みぬ

など記憶に残る名言が、しっかり登場してくれます。
まちがいなくスロットの開発関係者、北斗世代が存在すること一確!
じゃなきゃ、こんな雑魚キャラのセリフ使わんでしょ。

汚物は消毒だ~!

このスロットのおかげで根強くいる北斗ファンの存在と、
現在の若者にも改めて読まれる機会にもなり、
ジャンプ世代としては、なんとなく嬉しく思いました。

管理者個人としては、「キャプテン翼」「キン肉マン」
に比べれば少年時代、さほど夢中になりませんでしたが、それでも

小学生の卒業文集の「尊敬する人は?」の問いに、しっかり・・・・









ラオウと書かれています (〃∇〃)




ブログランキング
↑ランキング参加したてって今の時期で意味あるのか?
当時、ジャンプの連載陣は、ある3つの炎を
燃やし続けなければなりませんでした。それが、

「友情、努力、勝利」だったのです。

このテーマは、よくある読者プレゼントで、
【一番うれしかった事は?】などのアンケートによって、
決められたらしく以後、黄金期をささえる重要なテーマとなります。

この3大炎を、持ち合わせた典型的なマンガといえば、そうです、

キン肉マン

連載開始時はギャグ漫画でしたが、途中で路線転換し、
以後ジャンプ格闘バトル路線の先駆者的漫画となります。
(強い敵を倒すと以後、その敵が仲間になるジャンプ黄金パターン)

ほんと、この頃のキン肉マンの人気は凄まじく、
ハルもキン消しなど集めたものです。

・2度行われた 超人オリンピック編
・キン肉バスター敗れたり!? 7人の悪魔超人編
・最凶最悪、将軍降臨!黄金のマスク編
・友情パワーで勝利を目指せ! 夢の超人タッグ編
・真のキン肉星王位後継者は誰だ!? キン肉星王位争奪編

ストーリー、人気の絶頂期はやはり「夢の超人タッグ編」。
いままで登場した超人が、それぞれタッグチームを組み
戦うわけですから、それはそれは話題になりました。

現在、週間プレイボーイで「キン肉マンⅡ世」も
「究極の超人タッグ編」が始まったことから、やはり当時の、
この企画の当たり具合が伺えます。

ストーリー的にも、かなり練ってあり、
試合に出てくるタッグならではのツープラトン攻撃と、
そのネーミングのセンスには子供ながら

「ゆでたまご(作者)、すげ~」

と感激してました。

はぐれ悪魔超人コンビの地獄のコンビネーションに
2000万パワーズのロングホーントレイン。
ヘルミッショネルズのクロスボンバー、
マッスルブラザーズのマッスルドッキング。

このキン肉マンの影響で学校の休み時間はプロレスごっこ?が流行。
まぁ出てくる技といったら、この3代技でしょ!

・ロビンマスクのタワーブリッジ(単なるアルゼンチンバックブリーカー?
・ラーメンマンのキャメルクラッチ
・ウォーズマンのパロスペシャル

しかし、管理者ハルとその友人達は、先?にいってました。

なんとマッスルドッキングの敢行です!
(キン肉バスター+キン肉ドライバーの合体技)

そのやり方は、スベリ台を利用し総勢5人必要でした。
細かい説明は、また機会があれば、ということで。
しっかし

今、思うとよくそんな方法を思いついたというか考えたというか・・・・・


子供の頃の発想力とやわらかい頭、いつまでも持ち続けたいですね。(~ ~;)



 まず一回目の題材は、どうしようかという事で、
すでにドイツW杯出場決定から、すでに一ヶ月以上経過していますが無理やり
キャプテン翼

日本中の小中学生にサーカーブームを巻き起こした、サーカー漫画の金字塔。
この漫画の影響を受けたJリーガーも数多く存在したでしょう。
すでにピッチを去っていった年代でしょうが・・・・(・_;)
ハルも朝から晩までサッカーボールを蹴ってました。

数々の個性的なライバルや登場人物が印象的で、見所いっぱいでした。

・ガラスのエース 三杉淳
・転校少年 岬太郎
・北海の荒鷲 松山光
・「俺のカミソリシュートは二枚刃や」の 早田誠

・キーパーを人気ポジションにした 若林源三
 
・顔面ブロックしたヤツは石崎!と呼ばれ

・太った人がキーパーすれば中西扱い。

・体育のサッカーの授業で、体当たりする乱暴者を多発させた 次藤洋

結構、すらすら出てきてしまう自分がヤバイ?
しかし、やはりこいつでしょ!



・一発点火の爆発野郎 
日向小次郎




結構、みんな、真似してたような・・・・

半袖のTシャツの袖、めくり上げて肩に掛けるのを。

しかし、日向家の貧乏っぷりたら涙なくして見られません(・_;)
キャラの話は、このへんにしといて。

ストーリーの山場はなんといっても中学の全国大会、決勝戦!
南葛VS東邦、翼VS日向の試合。
どちらも負けられない背景を背負い、激闘、熱闘、死闘を繰り広げます。

「ホント、作者!試合の勝敗どうするんだ。」

と毎週、ドキドキして読んでました。

ちなみにこの「キャプテン翼」。
現実にとても存在しない必殺シュートやアクロバットサッカーが登場します。
その代表例が立花兄弟のスカイラブハリケーン。

でもハルの周辺の友達はみんな真似して、ポンポン飛んでましたよ。
体の大きかったハルは、いつも発射台の役で毎回上空から










二ードロップ食らわされてましたが・・(;´д` )

 その昔、日本一の少年雑誌であった「週刊少年ジャンプ」。
653万部という、とんでもない発行部数記録をもつ、
怪物週刊少年誌であった・・・・・

そんな時期、多感な少年時代を過ごした方々は、
すでに立派な大人となり社会で日々、生活を送っていることでしょう。

会社の中心となり、仕事に追われる毎日。
家庭をもち、平穏に暮らしてる人、又そうでない人。
新たな試みに挑戦しようと人生の岐路に立っている人など。

そんな人々に、昔、胸を熱くした少年時代を再び思い起こし、
さらなるステップへ進む起爆剤へ、ということで、
このブログ、本日発信!

あっ!内容は昔の漫画やそれにまつわるエピソード紹介ということで。
ちなみに、管理者ブログ初心者ですので宜しくです。






最新の記事
ランキング参加中

にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ 人気BLOGRANK
ブログランキング ドット ネット

相互リンク
今月の記事ランキング
勝手にお勧めリンク

思い出の週刊少年ジャンプ
このサイトを観覧したら自然と胸に熱いものが込み上げてきました。ジャンプ世代必見!

s-manga.net-
ジョジョの奇妙な冒険

1~6部の戦闘の系譜が動画で紹介されてます。世界感を見事に表現

キン肉マンOfiicial Site
最新刊の立ち読み、全巻リスト、Flashアニメ、クイズ、アニメ情報等。先代キン肉マンのスペシャルムービーは見ておきましょう

最近のコメント

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。