Category : 1990~1995
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年度のNHK大河ドラマ「篤姫」が相変わらず、
視聴率が好調のようですね。

まぁ、観てないけど。。。

戦国時代物は好きで昔から観てたんですが、
それ以外は、からっき興味なし。

そんな大河ドラマの来年は、「天地人」。
上杉家の家老、直江兼続を主人公にしたドラマだということで、
来年は、観てしまうことになりそうな予感。

その直江兼続。交流が深かった武将といえば、
真っ先に思い浮かんでしまうのが前田利益。

これが、元ジャンプ愛読者の哀しさか、

そう、前田慶次郎利益。

花の慶次画像  
 花の慶次 -雲のかなたに- 
 1990年~1993年 

 【原作】隆慶一朗
 【漫画】原 哲夫

 【脚本】麻生 未央


原 哲夫の漫画としては「北斗の拳」「サイバーブルー」に続いての
ジャンプ連載漫画。原作は歴史小説『一夢庵風流記』。

史料の少なさから知名度は決して高くなかった、前田慶次。
しかしこの原作、そして漫画により一躍脚光を浴びることになりました。
そのため、このあと発売された戦国時代もののTVゲームには、
前田慶次が決まって登場!それも武力、ほぼ最強。。。

過去、よくみられた戦国時代ものとは、いっぷう変わったこの漫画。
主人公は異風の姿形を好み、異様な振る舞いで人を驚かす傾奇者。
ただ、慶次は風流を愛し、一流の文化人という側面も持ち合わせており、
それらに魅せられた有名武将達とのエピソードが、なんとも気持ちよく、
爽快に描かれていました。

直江兼続は当然として、天下人になった秀吉。
勝新の家康や、叔父の利家。北条勢に伊達政宗。
さらに回想シーンでは信長も。
その他、実に数多くの戦国武将たちが登場し、
楽しませてくれたものです。

その中でも、なんといっても真田幸村。
初登場したときは、おもわず吹きだしたっつーの。
まさに長渕剛そのままでしたからね。

又、この作品、時代背景もしっかり描かれていて興味深かった。
秀吉により太平の世に向かっているさなか、死ぬべき場所を
時代の流れゆえに奪われた、いくさ人たちの哀しい末路。
慶次も、そのひとりかと。。。
そんな感動できる場面も、また多くありました。

いくさ人とは?男とは?人とは?
守るべき自分とは?

そんな事を思わず考えさせられたりして。

いや~、いま思えば、実に少年漫画の題材に適した
戦国時代ものだったな~っと。そんな風に思えてなりません。
かなり、少年誌向けにアレンジされていたとはいえね。

姿は黒王にまたがる、ちょんまげを乗せたケンシロウ。
慶次は、ほんらい家康と同い年の為、年代からして既にいい年。
そのくせ漫画では、相当若く描かれている。

そう、かなり無茶苦茶!

だが それがいい

人気漫画・アニメBLOGRANK

スポンサーサイト


最新の記事
ランキング参加中

にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ 人気BLOGRANK
ブログランキング ドット ネット

相互リンク
今月の記事ランキング
勝手にお勧めリンク

思い出の週刊少年ジャンプ
このサイトを観覧したら自然と胸に熱いものが込み上げてきました。ジャンプ世代必見!

s-manga.net-
ジョジョの奇妙な冒険

1~6部の戦闘の系譜が動画で紹介されてます。世界感を見事に表現

キン肉マンOfiicial Site
最新刊の立ち読み、全巻リスト、Flashアニメ、クイズ、アニメ情報等。先代キン肉マンのスペシャルムービーは見ておきましょう

最近のコメント

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。